傷官の女

傷官という星は、「感度が鋭い」「誇り高い」「純粋だ」「正義感が強い」「違和感がある」といった言葉が似合う。


「孤高の女」である。
 

女優で言えば、戸田菜穂、木村佳乃といったところか。

 

生まれつき神経や勘が鋭く、幼い頃から世の出来事の一つ一つ、人の言動の一つ一つが普通の人の数倍も神経に響く。
 

喜怒哀楽も人の数倍のオクターブを持つ。
 

だから、幼少時には身体が弱かったり、神経過敏の症状が出たりして、友人や身内などからも特異体質だ、「勘の強い子だ」などと言われ、違和感を持たれる。


だれも私の心をわかってくれないので、一人で物事を感じ、考えるようになる。
 

次第に「自分はこれではいけない」、「こんなに傷つく自分では生きていけない」と悟ると、繊細でもろい神経を、ピアノ線のように繊細だが強靭なものに鍛えようとする。
 

世間的な良識とか尺度といったものに合わせるよりは、自分自身が純粋に納得でき、正しいと感じない限り、何も認めることができない。
 

皆と考えが違っていても自分の感性を信じようとする。
孤独でも生きていられるためには、必ず自分に対する誇りがなければならない。

 

このような特色を持つ「傷官」が、大人の女性になると、言動が個性的で、独特の魅力を発揮するようになる。
 

しかし社会生活では、純粋さ、感度の鋭さ、誇りなどといったものはある程度あいまいでないとやっていけない場面が多い。
 

日常は人間関係のスムーズさが要求され、妥協も必要となる。
 

これが傷官女は苦手、苦痛なのである。

 

特に恋人関係、夫婦関係となると、頭が切れ、神経も鍛えてあるので、限界までは妥協する努力はできるのだが、ピアノ線の糸が切れると、親しい間柄ゆえに、本質が出てしまう。
 

相手から見れば、どうしてこんなことに意地を張るのか、何ゆえにこんなことに傷つくのか、ここまでどうして責めるのか、そこまで厳しく掘り下げなくてもよいではないか、といった感じを持たれる。
 

ましてや男性というのは女性から見れば、あいまいでいい加減なところが多い。
 

その場合、純粋さゆえに、言葉もストレート、態度も緊迫し、その攻撃力はすごいものとなる。

 

運命的に見ると、「傷官」は「正官」を剋す星である。
 

正官とは、女性にとって正式な男性、つまり夫か恋人である。

だから傷官が主役となっている女性は正官に縁がない。


原因は上記のような心の作用によるものだが、これは運命であるから逆らえない。
 

傷官女は、運命的に男性に苦労させられてしまうのだ。

但し、傷官を持っていても「財星」があれば、その怖れはまったくなくなってしまう。
 

また、「印星」を持っていてもその怖れがなくなるが、今度は子供に恵まれにくい。
「運」の方に財星や印星が来ても効果がある。

 

一見交際が上手に見えても傷官女は神経が疲れやすい。
傷官は意地を張って、たとえ自分が現実的に不幸になる、リスクが大きいと思っても、自分が許せないことに対しては容赦なく戦闘的な行動をとってしまう。

 

また鍛えたピアノ線(技術・技芸・専門能力)を活かして、キャリアウーマンしている人も多い。
概して子供には縁があるので、結婚して離婚して、シングルマザーしている人も多くいる。

だから、傷官女は、自分を大切にするために、相手を許しまくる、そして物事に深刻になって、考えすぎないで、ネアカになる、ことしかない。
また運命的に正官が乱れることを理解して、専門的力、自立していく力を身につけるのもいい。
最も○○師とかになっている人が多いのだからね。

 

nchushinsei-240.jpg
bn-blog-newgeki-240.jpg
banner-photo-240.jpg